情報誌 Poti

情報誌「Poti」は、医業経営・医療行政に関する情報や現地取材を通じた地域医療の今を伝えるレポート、新製品・新技術のご紹介や地域医療に関するセミナーのご紹介など、地域医療を支える皆さまのご興味に沿う記事を読みやすいかたちでお届けしています。

※誌名「Poti」の由来は、「Possibilities are infinite」(可能性は無限大)「Poti」が、犬の「ポチ」のように身近で親しみのある存在でありながら「無限の可能性」を広げるコミュニケーション誌に育つことを目指して情報を発信し続けます。

2011.03.01 vol005

<地域医療最前線>医療法人CCR せんだメディカルクリニック(熊本市)
8名のメディカルクラークを擁し、徹底した医療コンシェルジュサービスを実践!

<第11回アジアメディカルショー開催記念-1>
空飛ぶ105歳 曻地三郎(しょうちさぶろう)先生

<医薬品情報> 一押しME機器(ユーザーレポート編)
クリニックの外来でリウマチの早期診断に貢献!~佐川昭リウマチクリニック(札幌市)

<クローズアップ新薬>
新規経口抗凝固薬「プラザキサカプセル)

<誌上セミナー>
人材マネジメント活性化のすすめ

詳細はこちら

2011.01.01 vol004

<地域医療最前線>医療法人社団やすぎクリニック「うのピアノクリニック(浜田市)」
廃校になった小学校の校舎を活用し、クリニックが開設に
~浜田市宇野町の無医地区解消に貢献!~

<Pharma Future Series>薬局で行う在宅医療
第4話 地域の薬局が協同で在宅医療に挑戦!~長崎薬剤師在宅医療研究会(Pネット)~

<ガイドライン・ダイジェスト>
「がん疼痛の薬物療法に関するガイドライン(2010年版)」のエッセンス

<医療機器情報> 一押し!ME機器(ユーザーレポート編)
迅速検査サービスが糖尿病患者等に口コミで広がる

<高齢者施設探訪>
有料老人ホーム新事情「グランガーデン福岡浄水(福岡市中央区)」

詳細はこちら

2010.11.01 vol003

<地域医療最前線>
1.第102回川副町医薬懇話会(9/21)レポート ~かかりつけ医と薬局薬剤師の地域連携事情~
2.在宅セミナーin唐津2010 レポート ~動き始めた唐津・東松浦地区の多職種連携~

<特集:人材教育・育成>
1(経営分析担当者):経営分析ができる人材育成に悩む病院に朗報!
2(薬学教育):6年制薬学教育の現状(九州保健福祉大学の取り組み)

<Pharma Future Series>薬局で行う在宅医療
第3話:日薬調査にみる高齢者施設の薬管理 ~薬剤師の関与の必要性が明らかに

<ガイドライン・ダイジェスト>
糖尿病治療ガイド2010(日本糖尿病学会)主なポイント

詳細はこちら

2010.09.01 vol002

<地域医療最前線1>レストケア出水在宅医療センター(鹿児島県出水市)
鹿児島県下初の試みが始動! ~中重度者の在宅療養を支える「療養通所介護」が出水市に登場!~

<地域医療最前線2>医療法人愛生会 複合型高齢者施設「愛生会長寿センター」(熊本県人吉市)
人吉を医療と介護の里に ~医療と介護の一体的な提供で高齢者が暮らしやすい町づくりを!~

<セミナーレポート>NPO法人「よりよい地域医療を応援する会」が始動。
設立記念セミナーで地域の医療関係者に向け決意表明!

<Safe Master懇話会報告>
「情報共有」は病院間でも大切であることを認識!

<Pharma Future Series>有限会社中央薬局おおざの店(福岡県太宰府市)
薬局で行う在宅医療「第2話 高齢者の多様な居宅系施設にどうアプローチする?」

<クラブ活動レポート>
今日も元気ハツラツ!創設25年を迎えた小池病院野球部の熱いプレーにエールを!

<見える化のススメ-02>
診療現場における見える化とは

詳細はこちら

2010.07.01 vol001

<地域医療最前線>医療法人源勇会枝國医院(佐賀県川副町)
明治創設の枝國医院は、「和」のこころと専門性の高い医療で地域社会に貢献!

<地域医療支援>
下肢慢性創傷の切断回避を目指す、「フットケア外来」に注目!

<Pharma Future Series>
薬局で行う、在宅医療-01「在宅患者訪問薬剤管理指導と居宅療養管理指導」

<クローズアップ新薬(新適応症)>
レストレッグス症候群(むずむず脚症候群)とは?

<クラブ活動レポート>
がんばれ、出口医院ペパーミントエンジェルズ!

詳細はこちら