ご挨拶

株式会社アステムは、フォレストグループの中核事業会社として、医療用医薬品、医療機器、医療材料、診断試薬など、医療関連商品やシステム、サービスを扱っております。

人口減少に転じた日本において、今後の医療・介護は、治療に重心を置いたモデルから予防・健康増進を充実させ、“健康寿命延伸”に寄与する効率的医療への転換が待たれています。

そうした中で “Health Tec”といわれる、テクノロジーの黒船が押し寄せ、医療界は歴史的転換点を迎えようとしています。IoTやAI、ロボティクスをはじめ、再生医療や遺伝子編集などの先端医療、ウェアラブル検査デバイスによる継続的な疾病管理、更には遠隔診療や遠隔服薬指導など、今後デジタル産業革命の波が次々にやってきます。

私たちはMC(メディカルコミュニケーター)という診断・手技・処方を網羅した社内資格試験制度を開発し、社員一人ひとりが日々最新の知識研鑽に励むとともに、高度化する医療に対応したロジスティクスや情報システムなど、事業の進化を怠らず、経営理念に謳う「人々の健康に関わる<不>の打開」に邁進してまいります。

めざすは“医療卸”。疾患治療や医業のあり方を学んだ社員が、必要とされる医療情報や治療手段を提案します。また医師会・薬剤師会をはじめ医療者の皆さまと、自治体や保険者をつなぐ橋渡し役として、地域包括ケアを支えます。“モノ売りからコト売りへ”、商品に囚われず、社会が求める適正な医療を、これが医療卸としてめざす姿です。

「Think local、Act global」、アステムは現場から地域社会を、そして日本を元気にする「創造と革新」を今日も明日も続けてまいります。

代表取締役社長吉村 次生